新型ハイラックス「荷台活用:実践編」

HILUX

最終更新:2020年08月15日/トノカバー買換え, 内容 大幅改定
記事作成:2018年11月1日

ハイラックスの荷台を活用するため、購入した用品の取付手順や商品レビューについてまとめています。

1. 荷台保護

1.1 ベッドライナー

純正ベッドライナーの購入前に気になっていたことは以下のように対処しました。

水抜き穴の廃止

トノカバーを取り付けることで、ほとんどの雨の侵入を防ぐことができます。どうしても濡れてほしくないものがあるときはボックスなどに収納すると良いでしょう。

荷物の滑り止め対策

滑り止めマットと荷締めベルトを併用しています。重量物などを荷台に積むときは、滑りやすい方が助かることもあります。

社外トノカバーとの相性

純正のベットライナーを考慮した製品と加工が必要な商品があります。
・PRO-FORM Sportlid V
 ⇒ 加工不要
・Extang Trifecta2.0
 ⇒ 加工必要(2.2 / 純正ベットライナーへの対応 参照)

1.2 ゴムマット (廃止)

軽トラ用のゴムマットをカットして取り付けました。厚みが5mmありますが、カッターナイフや工作用ばさみで簡単に加工できます。

更新△1:2018年11月28日
ゴムマットを敷くだけで、走行中に荷物が荷台の中で暴れることがなくなります。

ずれないようにするため、タイヤハウスを囲むようにカットしました。

更新△4:2019年05月19日
荷台の保護と滑り止めを安価に実現できましたが、トノカバーを締めた状態で放置すると
ゴムの匂いが充満してしまうので、ベッドライナーに交換しました。

2. 荷台カバー

2.1 PRO-FORM Sportlid V

2年間使ったExtangから、塗装仕様のSportlid V に交換しました。積載性を増やすためにトノカバー上部にキャリア (INNO INT507BK) を取り付けています。

2.2 Extang Trifecta 2.0 (廃止)

防犯対策および雨天時の荷物保護のため、社外品(Extang Trifecta2.0)の3つ折り荷台カバー (トノカバー) を取り付けました。

取付手順

固定前にトノカバーの前後左右の位置決めを行います。
トノカバーのウェザーストリップが荷台へしっかりと接触し、折り畳み時の固定用のバックルとボディと接触しない位置にセットしました。

荷台側面2か所に窪みがあります。気休めですが、塗装面保護のために保護テープを貼り付けたうえでクランプを取り付けました。

荷台の外枠に対して斜め方向に締め上げる形になるため、クランプの動きが指などで押して動かなくなる程度で十分です。

荷台のフランジ部分が変形しながらネジが締まっていくので、強く締めすぎると荷台が変形します (追記:2018年11月28日)

後ろ側のバネ上のフックが掛かる部分にも同じように、保護テープを貼り付けました。

広げるだけでしっかりと幌を張ることができるので、純正のトノカバーよりも楽に開け閉めできると思います。また、カバー自体が軽量のため、折り畳みも片手で簡単に行えます。耐久性は未知数ですが、海外のレビューサイトを見る限りでは評判は悪くなさそうですね。

1年ほど使用しましたが雨漏りなどもなく快適に使用できています。(追記:2019年12月29日)

純正ベットライナーへの対応

純正ベッドライナーを取り付けたことにより、トノカバーの固定ができなくなったので、トノカバーの部品を加工して固定できるようにしました。

ベッドライナー取付前
ベッドライナー取付前(ハンドルと荷台隙)
ベッドライナー取付後(ハンドルと荷台隙)

私が使用しているトノカバーは、ハンドル部分を下に引っ張ってフックを荷台のフランジ部分に引っ掛けて固定しています。
ベッドライナーを取り付けたことで、荷台の凹部分が無くなってしまいハンドル部分が荷台側面と干渉するようになってしまいました。

ハンドル部分を加工

ハンドルの先端部をカッターナイフとリューターを使って面取り加工しました。
加工後も完全に元通りの隙を確保することは困難なので、トノカバー固定の作業性が悪くなりました。
純正ベッドライナー対応のトノカバーへの買い替えも考えましたが、勿体ないので壊れるまでは今のトノカバーを使い続けます。


TACKLIFE ミニルーター 3段変速 32PCSビット 3.7V充電式 彫刻/研磨/穴あけ/汚れ落とし USBケーブル付き 15000RPM高速回転 保護機能 コンパクト 軽量 軽作業に向け 2年保証 PCG01B

3. テールゲート アシスト・ダンパー

別記事にまとめました。

4. 荷物の積載

4.1. 荷台に乗せているもの

食料品などを荷台に入れるため、買ったものが痛まないように買い物かごサイズの保冷バッグを利用しています。


サーモス 保冷 買い物カゴ用バッグ 約25L ブルー REJ-025 BL

ショッピングバスケット33L Dグレー

各箱には以下のようなものを入れています。(奥の箱は使用頻度が低いものを入れています)

TRUNK CARGO TC-70

ミネラルウォーター 2L × 18 (災害対策です)
以前はアイリスオーヤマのRVBOX700を利用していましたが、中途半端な本数しか収納できないためこちらに交換しました。

STボックス #22

三角停止版/発煙筒/電動ポンプ(空気入れ)/交換用タイヤナット/タオル類/ヒッチメンバー用 大型レンチ
TC-70と並べてタイヤハウスの間に収納できています。底面に滑り止めマットを敷いているので、走行中にずれることは皆無です。

STボックス #13 上段

ヒッチメンバー固定用金具/荷締めベルト/懐中電灯/空気圧計

STボックス #13 下段

フリース毛布 2枚

4.2 収納用ボックスの注意点 (参考記事)

トノカバーの固定用フックなどにボックスが干渉しないように気を付けてください。
アイリスオーヤマのRVBOX600からアステージのSTボックスに買い替えています。

5. 参考記事

荷台関係の用品に関する事前検討は以下にまとめています。

自転車は専用のキャリアを購入して積載しています。

その他のカー用品(カーナビ, ドラレコ等)は以下にまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました